« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月27日 (木)

仕事納め

24日のX’masイブに私は仕事納めとなりました。
ホント一年なんてアッという間です。

今日は生徒さん達の「お正月」作品の一部を御紹介!
(一部と書いたのは時間中に写真を撮る時間が無かったお教室や
 時間内に終わらなかった生徒さんも居たので・・・)

Dvc00039_m_2 Dvc00040_m  Dscf3361_2






生徒さん達は御自分の作品がどれか
分かりますでしょうか?

どれも皆様上手に出来上がり、私の見本がどこに行ったのか
見失う所でした。

そして先日お教室に行った時、センターの職員の方から
こんな物をいただいちゃいました。Dscf3280



何だか分かります?

手作りの「メダル」なんです。
先日の入選をお祝いして、御煎餅を使って
メダルを作って私の首にかけてくれました。

「このまま教室へ行って」と言われ、そのまま少しお喋りをしてたら
教室へ向かうエレベーターに乗る時も本当にそのまま取るのを忘れて乗ってしまい、一緒に乗った子供にジーッと見られてしまいました。
ちょっと恥ずかしかったです。
でも、こういう事をしてもらえるのって嬉しいですよね。
何よりのプレゼントでした。ありがとう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

ケガしちゃいました。

15日(土)夜、両親が無事退院しました。
やっと普段の生活に戻ります。
ただ母は膝、腰、首、と悪くしていて、今回膝の手術をした際に
腰のMRIも撮り、思っていた以上に悪い状態という事が分かり、
又年が明けてから改めて入院することになりそうです。

ということで、母が父の介護をしやすい様に・・・
と急遽部屋の模様替えを始めました。

一人でまず下準備をし、買い物をし、一人で出来る所までだけを
金曜日の内に済ませ、土曜日に主人と作業開始。
両親を病院へ迎えに行く午後6時までに何とか形のつく所まで
終わらせ、取りあえずその日の作業は終了。

次の日、今度は私一人では買えなかった大物を主人と買い出し、
いざ作業!
の途中で材料のステンレスポールが私の足に縦に落下!!
「痛~い!と叫んだ次の瞬間、左足の薬指から大量の出血!
急いで止血をしようとしてもドンドン血がダラダラと出てきます。
ちょっと傷口を見たら、爪のど真ん中に縦に線が!
もしかして爪をも割り、パックリ?

7~8分止血作業の結果、自分では見たくない傷口を主人に見て
もらった結果、爪はヒビが入っただけらしく、爪の付け根から
指の付け根にかけて切れていると分かり、ホッと一安心。
中指も当たってはいたらしく腫れ上がり・・・
当然のごとく、その後の作業は主人一人でやる羽目になりました。(ごめん)

前日、病院で右脚の痛みの原因はどうやら神経痛らしいと分かった
所だったのに、今度は左足・・・出掛ける時どうやって歩く?
この後、用事があって出掛けなければいけないので、
今からこの腫れた足が痛まない靴を選んで歩き方の研究です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

年内最後の教室は「お正月」

今週から各お教室がいよいよ年内最後のレッスンとなり、
内容は「お正月」で来年の干支、「ねずみ」を作ります。
バージョンは2通り、色は白、薄~いグレー、グレーの3種類の中
から生Dscf33412徒さんに好きな物を選んでいただきます。


これは鏡餅からねずみが頭を出して
みかんが頭に乗ってるバージョン

Dscf33502

こちらは鏡餅の上にねずみが立っているバージョン

どちらが人気になるかは一番最後の授業の24日(クリスマスイブ)
までわかりません。

こういうのを作ると「あぁ今年ももう終わりなんだなぁ・・・」って
感じました。

と思ったら「あっ!!!年賀状。。。」 
やらなくちゃぁ~・・・はぁ~っ。。。

我が家の年賀状はここ数年はもう私任せで、ほとんど出来たのを
主人に「ここはどう?こっちは?字体は?こんな感じ?」と聞いて
又直してやっと完成に至ります。
そして、もうここ何年は私の両親分も私が作っているので4人分の
年賀状を私が頑張らなくてはいけません。

さぁ!頑張ろっと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

両親の入院&愛犬コロンの怒り

昨日同居している私の両親が入院しました。
二人一緒に・・・となるとこれが大変。荷物は倍、
いや普通の人の倍以上。母の膝の手術の為の入院なのですが、
父が約3年程前、脳梗塞で左半身不随となり、眼までやられて
しまったので、今は明暗しか確認出来ない状態なので、
母無しでは父の看護が不可能という事で、
父の検査(ここ3年何も検査をしていない)を兼ねて
一緒に入院させていただけることになったのです。
ただ、そういう人の入院する為の荷物はとにかく多い!
その上病院までは父の車椅子もおして行かなくてはならず、
膝、腰、首を悪くしている母に重い荷物を持たせる訳には行かず、
父の膝の上に顔ギリギリまでの荷物を持ってもらい、
車椅子の後ろに大きなボストンバッグをかけ、
それを押して行く大変さといったらもう想像以上でした。
入院先が我が家から歩いてすぐなので何とか行けましたが、
数十歩歩くごとに腰が痛み、ちょっと休憩して背中を伸ばしながら
の到着でした。
病室へ入ってからも二人分の荷物の整理。フーッ。。。。

近くなので愛犬コロン(現在不安症の為、獣医さんから「この子は
言い聞かせればわかる子だから出かける時にはちゃんと説明して」
と言われている)に「すぐ帰るからね。」と言い聞かせて行ったのに、
家を空けた時間は3時間。
帰った途端コロンは「ギャーギャーブーブー」 
目を三角にして2分近くの文句。
その後、お詫びを兼ねて私が何度も「コロン抱っこ」と呼んでも、
私の方を振り返って睨みつけ、「プイッ」とする。わざと無視!です。
ホント「ごめん。」でした。

コロンは日頃から犬らしい鳴き方はほとんどしません。
近所の人にも「何の動物を飼ってるの?」と聞かれてしまうくらい。
文字で表現するのは難しいのですが、
なんか一生懸命に喋ってるって感じなのです。
顔の表情も時によりホント違うのです。
昔からたくさんの犬を飼って来ましたが、こんな子は初めてです。
おもしろいです。
Dscf2990
怒っている最中はカメラを向けると横を向かれ、
これはちょっとだけご機嫌が直ってやっと撮らせてくれた写真。
いつもマン丸の目がこんな状態です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

親善大使として作品ノミネート

昨日、大きな封筒が私宛に届きました。それは・・・

サンフランシスコで毎年4月に行われる
第41回「サンフランシスコ桜まつり」(日米の友好親善のお祭り)に
親善大使として桜まつり出展候補作品に私の作品
「ミニチュアDogと仲間達の『四季』」ノミネートされた。
という内容の書類でした。
もうビックリです。 
何かに応募した訳でも無し、何もしていないのに、いきなりノミネートって何?
驚きと嬉しさ・・・でも書類を読んでいく内に悩みが大きくなりました。
私も向こうに行くには日程が・・・
犬達は?  不安症気味の今のコロンはそれまでに治る?
治らなかったら置いて行けない。
作品だけお願いした場合、飛行機で運ばれて
無事に今の状態のままで着くのだろうか・・・。
問題は色々色々です。
こんなチャンスもう2度と無いだろうから参加はしたいけど、
問題を全て解決しなくてはいけません!
どうしたら良いのでしょう?

まぁ何はともあれ、私にはもったいない程の良いお話。
2~3日は喜びを噛みしめます。

やったぁ~!!! \(^◇^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

不安症?

ここの所、色々あって、ちょっと御無沙汰してしまいました。

7月から公私共に色々色々ずっと忙しい日々を過ごし、今回の創作手工芸展の搬出が11月29日、
それが終わればちょっと一息・・・の予定が・・・

「29日まで、29日まで」と自分のお尻を叩き、家族に「30日と
12月1日はダウンするから」と言い続けて来たところに、
愛犬コロンが不調になってしまいました。25日の夜中3時半に急に鳴き出しブルブルと震えているのです。「寒いのかな?」とか「熱でも出した?」とか色々様子を見てみると、何かに怯えている様子。私に抱っこされながらも、後ろを振り返っては震え、振り返っては震えの繰り返し。まるで「何か居るの?何か見えるの?」って感じです。結局一晩中、そして次の日の昼間も、それは水曜日の夕方まで続きました。ずっと付いていてやらなければならないので、何も出来ません。トイレも出来るだけ我慢です。仕事の日は母に頼みました。病院も3か所行き、検査をし、でもどこも異常は見つかりませんでした。「精神的なものでしょう。」ということなのですが、その原因が分かりません。昨年にも同じ事がありました。少しずついつものコロンに戻って来てはいますが、今も平常通りでは有りません。
一体どうしちゃったのでしょう?

そんな中、私は私で又もや股関節を痛めてしまいました。6月8月 と今回で3回目です。
これも今一つ原因は分からず、整形外科や整骨院に行っても「かなり疲れてますね。」とマッサージを受け、湿布をくれるだけ。こちらも痛くて眠れない。

私の休息の日はどこへ・・・。

創作手工芸展の様子で~す。

Dscf3278_2

展示風景  Dscf3272

作品の写真です。Dscf3270_2





これ以上大きく出来ないので、ご興味のある方は左上にあります
私のHPの方でもう少し大きい写真が見れますので是非どうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »